君とのDistance

11th Album
2005.9.7
  3誌(紙)に掲載あり
① WHAT's IN? 2005年9月号
② CDでーた 2005年9月号
③ 「君とのDistance」フライヤー
②と③は同じ内容。最下部に比較表あり。

 

出典① WHAT's IN? 2005年9月号
夏を待つセイル(帆)のように お子さんたちが体を揺り動かせる"リズム"をポイントに、シングルをこの曲に決めました。「童謡」「ファンタジー」をキーワードに作詞、アレンジ、サウンドを制作しました。
   
サヨナラまでのディスタンス 個性的な楽曲として異彩を放ち、このアルバムの中でも勢いがあります。何度も実験的に作り直したアレンジ、はたまたサビのメロディ。進化し続けるZARDの"今"を感じていただけると思います。
   
かけがえのないもの コンサート終了後、ホテルに戻って完成させた詞なので、高揚した気分と感謝の気持ち、そして自分自身の呪縛から解き放たれた私が反映されていると思います。
   
今日はゆっくり話そう 意外にもコーラスにはゴスペル・テイストが入っています。世知辛い世の中、少し肩のカを抜いてもらいたいなと思い作詞をしました。精神のケア・ソングとも言うべき曲かな?(笑)
   
君とのふれあい タイトルどおり、人と人との触れ合いを象徴するかのように1番のピアノ、シンプルなアコースティック・ギターが活きるハートフルなロッカ・バラードです。
   
セパレート・ウェイズ 芸術性のある個入的にも好きな曲です。やや声を抑え、"内に秘めた愛"を表現しました。最後の1行のファルセットの部分は歌うときにグッとこみ上げてくるものがありました。そして特筆すべきは、間奏のトランペット!
   
Last Good-bye 約10年前、FIELD OF VIEWに作詞提供した曲のカバーです。UKロックをベースに明るくハネるリズムものも加わり、ZARDバージョンはよりPOPになっていると思います。
   
星のかがやきよ 久々にアップ・テンポの楽しい曲です。詞はこれから世界に出て行くであろうお子様たち、若者、孤独なヒーローに向けた一種の応援歌です。オケではグルーヴを出すためにドラム&ベースを何度も入れ替えましたね。
   
月に願いを 3拍子のワルツをイメージさせる楽曲。バロック的コーラスも曲に広がりが出ています。
   
.あなたと共に生きてゆく 12年前、テレサ・テンさんに作詞提供させていただいた曲のセルフ・カバーです。ZARDバージョンでは間奏に二胡を入れたかったので、今回お願いしました。間奏のごく短かな北京語も聴いてくださいね!
   
I can't tell 出だしのシンセから哀愁漂うロック・チューン。何年も前から様々なアレンジが施されましたが、なかなかタイミングが合わず、今回オケの録り直しを一から始め完成させました。
   
good-night sweetheart ちょっと遊び心のあるフェミニンなロック・チューンです。イントロ、ブリッジ、アウトロのコーラス・フレーズが、アコースティック・ギターとともにこの曲を印象づけてくれます。
   
君と今日の事を一生忘れない 個人的にはシングルで出したいなと思っていた曲です。2番のサビが歌ではなく、間奏として存在している点に注目していただきたいですね。歌詞の中では「母なる地球」「愛」という大きなテーマを掲げ、そこからディテールを現実的にしていきました。

 

出典② CDでーた 2005年9月号
夏を待つセイル(帆)のように 心地良い童謡やレゲエのリズムは、幅広い年代の方に受け入れてもらえるのでは。映画「名探偵コナン」の主題歌ということもあり、ディズニーの曲のようです。
   
サヨナラまでのディスタンス 勢いのあるハイパーでキャッチーなサビ、サウンドも工夫されていて、イントロから、アウトロまで"手抜き"はございません!(笑)
   
かけがえのないもの コンサートのサボートメンバーであるギタリスト参加のアレンジですので、ライブのような厚みのあるサウンド、オケの楽曲です。
   
今日はゆっくり話そう 月桂冠「月」のCMソング。コミュニケーションの大切さをテーマに少し肩の力を抜いてもらおうと思って作詞しました。頑張っている人への応援ソングです。
   
君とのふれあい もともと劇場版『名探偵コナン』用の候補曲の一つでした。とても温かな雰囲気の曲なので、人と人との触れ合いを絵画的に詞として表現してみました。
   
セパレート・ウェイズ イントロも印象的なアンニュイな楽曲。芸術性のある個人的にも好きな曲です。最後の一行のファルセットでは歌いながら泣きそうになりました…。
   
Last Good-bye 約10年前、FIELD OF VIEWに作詞提供した曲のカヴァーです。UKロックをベースに明るくハネるリズムものも加わり、ZARDバージョンはよりPOPな感じに
   
星のかがやきよ こちらはテレビ版『名探偵コナン』のオープニング曲。星=スター。星=サン・テグジュペリ。そんなキーワードから作詞を広げました。ノリのいいPOPな楽曲です。
   
月に願いを 3拍子のリズムはZARDでは珍しいですね。妖精のようなシンセやストリングス、コーラスワークも緻密で美しい曲。レンジの広い、洋楽のような仕上がりです。
   
あなたと共に生きてゆく 12年前、テレサ・テンさんに作詞提供させていただいた曲のカバーです。今年は没後10年。タイミング的にも今の時代、年齢なら歌えるかしら…と挑戦しました。
   
I can't tell 栗林さんの楽曲。数年前から制作していましたが、時代、タイミングが合わず、今回アレンジも新たに甦リました。ハードロックベースでクールな曲です。
   
good-night sweetheart ワガママだけど可愛らしい女性が主人公。サウンドや詞すべてに遊び心満載のロックチューン。イントロ、ブリッジ、アウトロのフレーズが印象的ですね。
   
君と今日の事を一生忘れない デモテープを聴いた時"mother""earth"といった印象を受けました。2番のサビが歌ではなく間奏扱い(リードギター)になっている点が特筆すべき点でしょうか。

 

出典③ 「君とのDistance」フライヤー
夏を待つセイル(帆)のように 心地良い童謡やレゲエのリズムは、幅広い年代の方に受け入れてもらえるのでは。映画「名探偵コナン」の主題歌ということもあり、ディズニーの曲のようです。
   
サヨナラまでのディスタンス 勢いのあるハイパーでキャッチーなサビ、サウンドも工夫されていて、イントロから、アウトロまで"手抜き"はございません!(笑)
   
かけがえのないもの コンサートのサボートメンバーであるギタリスト参加のアレンジですので、ライブのような厚みのあるサウンド、オケの楽曲です。
   
今日はゆっくり話そう 月桂冠「月」のCMソング。コミュニケーションの大切さをテーマに少し肩の力を抜いてもらおうと思って作詞しました。頑張っている人への応援ソングです。
   
君とのふれあい もともと劇場版『名探偵コナン』用の候補曲の一つでした。とても温かな雰囲気の曲なので、人と人との触れ合いを絵画的に詞として表現してみました。
   
セパレート・ウェイズ イントロも印象的なアンニュイな楽曲。芸術性のある個人的にも好きな曲です。最後の一行のファルセットでは歌いながら泣きそうになりました…。
   
Last Good-bye 約10年前、FIELD OF VIEWに作詞提供した曲のカヴァーです。UKロックをベースに明るくハネるリズムものも加わり、ZARDバージョンはよりPOPな感じに
   
星のかがやきよ こちらはテレビ版『名探偵コナン』のオープニング曲。星=スター。星=サン・テグジュペリ。そんなキーワードから作詞を広げました。ノリのいいPOPな楽曲です。
   
月に願いを 3拍子のリズムはZARDでは珍しいですね。妖精のようなシンセやストリングス、コーラスワークも緻密で美しい曲。レンジの広い、洋楽のような仕上がりです。
   
あなたと共に生きてゆく 12年前、テレサ・テンさんに作詞提供させていただいた曲のカバーです。今年は没後10年。タイミング的にも今の時代、年齢なら歌えるかしら…と挑戦しました。
   
I can't tell 栗林さんの楽曲。数年前から制作していましたが、時代、タイミングが合わず、今回アレンジも新たに甦リました。ハードロックベースでクールな曲です。
   
good-night sweetheart ワガママだけど可愛らしい女性が主人公。サウンドや詞すべてに遊び心満載のロックチューン。イントロ、ブリッジ、アウトロのフレーズが印象的ですね。
   
君と今日の事を一生忘れない デモテープを聴いた時"mother""earth"といった印象を受けました。2番のサビが歌ではなく間奏扱い(リードギター)になっている点が特筆すべき点でしょうか。

 

比 較 ② ③
夏を待つセイル(帆)のように お子さんたちが体を揺り動かせる"リズム"をポイントに、シングルをこの曲に決めました。「童謡」「ファンタジー」をキーワードに作詞、アレンジ、サウンドを制作しました。 心地良い童謡やレゲエのリズムは、幅広い年代の方に受け入れてもらえるのでは。映画「名探偵コナン」の主題歌ということもあり、ディズニーの曲のようです。
     
サヨナラまでのディスタンス 個性的な楽曲として異彩を放ち、このアルバムの中でも勢いがあります。何度も実験的に作り直したアレンジ、はたまたサビのメロディ。進化し続けるZARDの"今"を感じていただけると思います。 勢いのあるハイパーでキャッチーなサビ、サウンドも工夫されていて、イントロから、アウトロまで"手抜き"はございません!(笑)
     
かけがえのないもの コンサート終了後、ホテルに戻って完成させた詞なので、高揚した気分と感謝の気持ち、そして自分自身の呪縛から解き放たれた私が反映されていると思います。 コンサートのサボートメンバーであるギタリスト参加のアレンジですので、ライブのような厚みのあるサウンド、オケの楽曲です。
     
今日はゆっくり話そう 意外にもコーラスにはゴスペル・テイストが入っています。世知辛い世の中、少し肩のカを抜いてもらいたいなと思い作詞をしました。精神のケア・ソングとも言うべき曲かな?(笑) 月桂冠「月」のCMソング。コミュニケーションの大切さをテーマに少し肩の力を抜いてもらおうと思って作詞しました。頑張っている人への応援ソングです。
     
君とのふれあい タイトルどおり、人と人との触れ合いを象徴するかのように1番のピアノ、シンプルなアコースティック・ギターが活きるハートフルなロッカ・バラードです。 もともと劇場版『名探偵コナン』用の候補曲の一つでした。とても温かな雰囲気の曲なので、人と人との触れ合いを絵画的に詞として表現してみました。
     
セパレート・ウェイズ 芸術性のある個入的にも好きな曲です。やや声を抑え、"内に秘めた愛"を表現しました。最後の1行のファルセットの部分は歌うときにグッとこみ上げてくるものがありました。そして特筆すべきは、間奏のトランペット! イントロも印象的なアンニュイな楽曲。芸術性のある個人的にも好きな曲です。最後の一行のファルセットでは歌いながら泣きそうになりました…。
     
Last Good-bye 約10年前、FIELD OF VIEWに作詞提供した曲のカバーです。UKロックをベースに明るくハネるリズムものも加わり、ZARDバージョンはよりPOPになっていると思います。 約10年前、FIELD OF VIEWに作詞提供した曲のカヴァーです。UKロックをベースに明るくハネるリズムものも加わり、ZARDバージョンはよりPOPな感じに
     
星のかがやきよ 久々にアップ・テンポの楽しい曲です。詞はこれから世界に出て行くであろうお子様たち、若者、孤独なヒーローに向けた一種の応援歌です。オケではグルーヴを出すためにドラム&ベースを何度も入れ替えましたね。 こちらはテレビ版『名探偵コナン』のオープニング曲。星=スター。星=サン・テグジュペリ。そんなキーワードから作詞を広げました。ノリのいいPOPな楽曲です。
     
月に願いを 3拍子のワルツをイメージさせる楽曲。バロック的コーラスも曲に広がりが出ています。 3拍子のリズムはZARDでは珍しいですね。妖精のようなシンセやストリングス、コーラスワークも緻密で美しい曲。レンジの広い、洋楽のような仕上がりです。
     
あなたと共に生きてゆく 12年前、テレサ・テンさんに作詞提供させていただいた曲のセルフ・カバーです。ZARDバージョンでは間奏に二胡を入れたかったので、今回お願いしました。間奏のごく短かな北京語も聴いてくださいね! 12年前、テレサ・テンさんに作詞提供させていただいた曲のカバーです。今年は没後10年。タイミング的にも今の時代、年齢なら歌えるかしら…と挑戦しました。
     
I can't tell 出だしのシンセから哀愁漂うロック・チューン。何年も前から様々なアレンジが施されましたが、なかなかタイミングが合わず、今回オケの録り直しを一から始め完成させました。 栗林さんの楽曲。数年前から制作していましたが、時代、タイミングが合わず、今回アレンジも新たに甦リました。ハードロックベースでクールな曲です。
     
good-night sweetheart ちょっと遊び心のあるフェミニンなロック・チューンです。イントロ、ブリッジ、アウトロのコーラス・フレーズが、アコースティック・ギターとともにこの曲を印象づけてくれます。 ワガママだけど可愛らしい女性が主人公。サウンドや詞すべてに遊び心満載のロックチューン。イントロ、ブリッジ、アウトロのフレーズが印象的ですね。
     
君と今日の事を一生忘れない 個人的にはシングルで出したいなと思っていた曲です。2番のサビが歌ではなく、間奏として存在している点に注目していただきたいですね。歌詞の中では「母なる地球」「愛」という大きなテーマを掲げ、そこからディテールを現実的にしていきました。 デモテープを聴いた時"mother""earth"といった印象を受けました。2番のサビが歌ではなく間奏扱い(リードギター)になっている点が特筆すべき点でしょうか。