» 手軽に新鮮手作りヨーグルトが作れます。 » bbsee無料掲示板 . 検索 オプション 購読
退室
→返信を投稿する →新しい話題を投稿する

国会図書館レポート①

#7151名前:stray時刻:2008-05-29 17:54:46返信

megamiさん、お待たせ~(笑)。

カメラ持込み禁止なので写真は1枚もありませんが(笑)、
私の苦労が分かるようにレポートしますね。
決して嫌味じゃなくって、ドキュメント風にお伝えしたいだけなので(笑)。

10時に着いて、まずは入館手続き。
事前に「利用者登録書」をDLして、必要事項を書いておいたので、
すんなり入れるものと思ったら、これが大間違い(笑)。

入館ゲート前にタッチペン式の機械が置いてあって、
住所・氏名・電話を入力しなければなりませんでした。
すると、その日だけ有効のカードが発行されます。

そのカードをゲートにかざして中に入る前に、第二の関門が。
透明の小さなビニール袋を渡され、
「館内に持ち込めるのはこの中に入るものだけです」と。
必要最低限の荷物以外はコインロッカーに預けさせられました(笑)。

初めての利用なので「利用者登録」窓口へ。
銀行と同じく数字が書かれたカードを渡されました。
窓口の職員は2名。待ってる人が5~6人。悪い予感が…(笑)

国会図書館レポート②

#7152名前:stray時刻:2008-05-29 17:57:14返信

15分は待たされましたね。短気な私は早くもイライラ状態(笑)。
でも社保庁に行ったら、この100倍くらいイライラするんでしょうね(笑)。
お役人仕事は効率が悪すぎ。

無事登録が済んで次回からの利用が超簡単になるカードが発行されました。
たぶん・・・二度と行かないと思うけど(笑)。

検索用PC端末がずら~っと50台ほど並んでいて、
最初に貰ったカードをセットして、閲覧したい図書を検索します。
まずは「ヴァンテーヌ」を。
一度に閲覧請求できる冊数は6冊まで。
1989年10月号(創刊号)~1990年3月号を請求。
1冊ずつチェックを入れて、最後にまとめてボタンを押す仕組みです。
PCに慣れてない人は、目的の書物を請求するだけで1時間くらい
アッという間に過ぎてしまうかも知れません。

最初に貰ったカードには番号が書かれていて、
病院の会計手続きみたいに、請求した書物がカウンターに届くと、
その番号が電光掲示板に表示されるので、受け取りに行きます。
ここでも15分は待たされ、「ヴァンテーヌ」にご対面した時は、
すでに11時を過ぎていました(笑)。
早く出かけて正解だったなぁ。

国会図書館レポート③

#7153名前:stray時刻:2008-05-29 17:59:47返信

1989年10月号(創刊号)からチェック開始!
光野桃さんの記事はどこにもない! 二度目の悪い予感が…(笑)

つづいて1989年11月号。
巻頭特集「くせになるイタリア」に、光野桃さんの記事が!!
光野さんが「おしゃれな視線」あとがきで書かれていたのは、このことでしょう。
しかし・・・ファッション解説のみでエッセイはありませんでした。

1989年12月号。(ちなみに各号とも前々月の月末発売です)
この号から光野さんのエッセイが始まってるじゃないですか!
1回目のタイトルは「おおみそかの夜は真紅のランジェリーで」。
アルマーニの13万円もする真っ赤なブラ&ショーツの写真が(笑)。
周りの人目が気になり出す私、キョロキョロ(笑)。
13万円って、この雑誌、誰を対象にしてんの?(笑)

当然ながら、「泉」「水」とは無関係なエッセイでした。

国会図書館レポート④

#7154名前:stray時刻:2008-05-29 18:01:47返信

1990年1月号はエッセイ第2弾。
タイトルは「トラッドに赤口紅は似合わない」。
トラッドって何?(笑) これも違う内容でした。

1990年2月号。
タイトルは「貴族の毛布(ブランケット)でラグビー観戦」。
タイトル読んだだけで無関係だとわかる(笑)。

残るは1冊だけ、1990年3月号。
ない、ない、光野さんのエッセイがない!
連載(光野さん以外にも3~4人のエッセイあり)は、
たった3回でジ・エンドとなったようです(笑)。

時計はもうじき12時になろうとしてましたが、もう一度検索端末に戻って、
「ヴァンサンカン」1989年10月号~1990年3月号を請求。
どうせ待たされるので、食堂に行って今のうちに昼食を。
食堂は「弁当持ち込み可」とウェブサイトに書いてあったので、
朝出るときに美味しい駅弁を買っておいたのであった。
透明ビニールに駅弁入れて持ち歩いてるのは、当然私だけ(笑)。

国会図書館レポート⑤

#7155名前:stray時刻:2008-05-29 18:04:08返信

国会図書館内には各階に、隔離された喫煙所がちゃんとありました。
一服、いや二服つけて「ヴァンサンカン」を受け取りに。
なにこれ? 重さが半端じゃない!
「ヴァンテーヌ」は1.5cmくらいの厚さだったけど、
「ヴァンサンカン」はその倍、3cmはあるんじゃないだろうか!
泉水さんが、こんな重い雑誌を持ち歩くかな?

写真中心のビジュアル雑誌で、「ヴァンテーヌ」より明らかに上の年代を狙ってるな、
と思いつつ見ていたら、「ヴァンサンカン」の妹分雑誌なんですね(笑)。
光野さんの記事・エッセイはどの号にも見当たりませんでした。

雑誌を返却して国会図書館を後にしたのが午後1時。
3時間かかって成果なしって、悲しい・・・(笑)

ということで、megamiさんの説は、もろくも崩れ去ったのでした。
キャー残念!!(笑)

以上、国会図書館レポートおしまい。

Re:国会図書館レポート①

#7156名前:T28 ◆8j2i1leO1.時刻:2008-05-29 18:23:43返信

所長、こんばんは。
ご苦労様でしたね。

う~ん、気の毒すぎて茶化す気にもなれん!(笑)

stray所長さんへ

#7170名前:megami ◆hNMHghHcBo時刻:2008-05-30 00:57:44返信

とってもご苦労された様子がたくさん伝わってきました・・・
なんと申し上げたらよろしいのか・・・言葉がありませ~ん。゜゚(>ヘ<)゚ ゜。

泉水さんがデビュー前のお名前を考えそうな時期に 発売された雑誌には『ジェーン・バーキン特集』は載っていなかったことが証明されたのですね・・・(/□≦、)キャ~スミマセン

本当にお世話になりました。ありがとうございました!!
日本に行ったら 国会図書館へ丸1日かけて行ってみたいと思いました。
詳しい説明のおかげで PC音痴の私でも国会図書館へ行って資料を探せそうな気がしてきました~!!
stray所長さんには『ペルシャ絨毯』でもお持ちしないと申し訳ないですね☆

Re:国会図書館レポート①

#7173名前:アネ研 ◆craoLd8Ou2時刻:2008-05-30 01:06:31返信

こんばんは、
オフ会で話題にでなかったので、
うすうす感じてましたが、残念ですね。
そして、お疲れさまでした。
私が行った13,4,5年前は、パソコンではなくて、索引を探すタイプでしたね。
その時は、すべての書籍はある!って噂を期待して行ったのに、目的の書物?はなかったんです。

Re:国会図書館レポート①

#7182名前:pine時刻:2008-05-30 10:51:58返信

所長さん こんにちは

貴重なお時間を費やされたのに、収穫なしで残念でした。
「国会図書館にヴァンテーヌあり」とレスをした者として、申し訳ない気持ちです。
私が書かなければ行かれなかったでしょうから…
本当にお疲れ様でした。m(_ _)m

megamiさん、pineさんへ

#7189名前:stray時刻:2008-05-30 12:21:31返信

こんにちは!

> 泉水さんがデビュー前のお名前を考えそうな時期に 発売された雑誌には『ジェーン・バーキン特集』は載っていなかったことが証明されたのですね・・・
それを証明できただけで十分な成果です。どうぞお気になさらずに。

> stray所長さんには『ペルシャ絨毯』でもお持ちしないと申し訳ないですね☆
ペルシャ絨毯よりガソリンのほうが嬉しいなあ(笑)。

> 「国会図書館にヴァンテーヌあり」とレスをした者として、申し訳ない気持ちです。
> 私が書かなければ行かれなかったでしょうから…
いえいえ、とんでもない。もし見つかれば2度目の所長賞だったわけで(笑)、
結果が伴うか伴わないかは神のみぞ知る、ですからね。
どうぞお気になさらぬように。

パスワード:
Powered by bbsee.info. Copyright © 2005-2011
HTML generated at 2011-10-06 14:15:42 (0.075 sec).